man's-resourceブログ

日々雑感のブログです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
生きることは
少し遅れましたが
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

新しい年を迎える度に
今年はどんな年になるのかというのと同時に、
人生とか自分のミッションについて考えることがあります。

そんなお正月に、
たまたま先日スタジオジブリの「かぐや姫の物語」を観てきました。
スタジオジブリの作品は全てが好きというわけでもなく
それほど大きな興味があったわけでもありません。
息子が「よかったよ」と言ったのがきっかけです。
若い人が、それも男性が、この物語を見てよかったというのは
どんなものかという興味もありました。
http://kaguyahime-monogatari.jp/message.html

原作では
『かぐや姫は(月の世界で)罪を犯されたので、この地に降ろし
お前のような賎しいもののところにしばらくおいてやったのだ。
その罪の償いの期間が終わったので、こうして迎えに来た』と
月の使者は言うのだそうです。
高畑勲監督がそれをどのように解釈されたかは、
映画で個々にご覧頂けたらと思いますが、
それは「生きること」への問いかけでした。



偶然ですが、最近考えていたことに、
論理療法のアルバート・エリスの言葉がありました。
「他人が不完全であることを受け容れなさい
 自分自身が不完全であることを受け容れなさい
 人生が不完全であることを受け容れなさい」

人間はアダムとイブから始まり不完全なもの
だというのは聖書の頃から語られていることです。
いえ、そのもっと昔からですね。

しかし、いざとなると、
人に「こうであってほしい」
自分が「こうでなければ」
「自分の人生はもっとこうでなければ」
と思っては苦しむのが人間。
それ自体が人間の不完全さを物語っていますね。

月の使者が「お前のような賎しいもの」と言ったのは、
翁に対してではなく、人類そのものを指しているとすれば
その不完全な人間のことでしょう。

私たちはみな生まれたときには
竹から生まれたお姫様であり
王子様であるのかもしれません。

それが不完全なこの世で生きていくに
従って不完全さを知っていく。

しかし
不完全であろうとなんであろうと
「生きている」
ということを忘れてはいけない。

「生きてるだけでまるもうけ」
いやもう、そのとおり。

今、ここでこうして
息をして
笑ったり
泣いたりできることに
感謝。

不完全を楽しみ愛せる自分になれますように。
そして、人生が不完全であることを愛せる自分になれますように。
私自身の今年の希望の一つに加えます。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.mans-resource.com/trackback/881897