man's-resourceブログ

日々雑感のブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
私を創るもの
こんにちは。

あっという間に8月も下旬となりましたが、
どのような夏を過ごされましたか?
残暑が厳しいですが、お元気でしょうか?

さて、8月は割に日程に余裕があり、自分自身の勉強の場に
出かける時間を多く取ることができました。
アウトプットするためには、インプットや自分自身の棚卸も必要ですね。



時間があるので、色々と考えているうちに、
ふと、こんなことを思いつきました。

自分を創っているもの。

出会った全ての人や学び、旅先で出合った景色、空気、音、
聴いてきた音楽、食べてきたもの、触れてきたもの、
動物たち、芸術作品、乗り物、・・・・・

当たり前でしょうといえば、そうなのですが、
あらためて考えてみると、すごいことですよね。

生まれてから今までに経験し関わった全てが、自分を創っている。
例えば、着るものや食べ物を作った人や環境など、
会ったことのないものや人まで、自分を創っている。
そう考えると、DNAだけでなく、これだけの組み合わせを
持っている存在は他には無いに等しいことになります。

そんな自分を創る要素の中でも、今回は「苦手な人やもの」
に焦点を当ててみたいと思いました。

この人苦手・・・これは苦手・・・と思う背景には
自分の何が刺激されているのでしょうか?

苦手な人を、どうして苦手と思うのでしょうか?
苦手で関わりたくないと思っているのに、
どうして心がその人のことで占領されるのでしょうか?

それは、自分に一番関わりが深いという証拠なのでしょう。
まさに自分を創っているものということです。

つまり、何かが刺激される・・・刺激される要素があるということですね。

なぜ、刺激されるかというと、
自分が気にしていることであったり、
自分が嫌と思う自分の要素を見つけているからであったりします。
電極でいうと、同じ電極同士が避け合うように、
そしてまた、違う電極同士が引き合うように、
組み合わせとして同じ過ぎて合わない、ということもあります。
また、自分が実現したくてもできないものの場合もあります。
あるいは、自分が我慢している部分の場合もあります。

そういう人こそ、自分を構成する要素なのですから、
しっかりと見つめることで、自分の糧になります。

でも、糧にするのと付き合うのとは別問題です。
それほど長くはない人生、苦手な人と無理に付き合ったり、
嫌いな人と時間を過ごすより、気持ちが楽になる相手と
一緒にいる方が有意義でしょう。

私の言いたいことは、
苦手な人が現れたら、自分の中の何が刺激されているかを
見つめる機会にしてしまって、あとは忘れてもいいよ、
ということです。笑。

いやはや、何が言いたいのか、分かりにくいですよね。
このところ夏バテ気味で・・・を言い訳に、
今日はこの辺で。
お元気でお過ごしください。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.mans-resource.com/trackback/881892