man's-resourceブログ

日々雑感のブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
映し出す


「こんなことを言うと、嫌がるのでは・・・嫌われるのでは・・・」
という言葉をよく耳にします。

職場で何か苦言を呈したり、異論を唱えるとき。
友人に助言しようとするとき。

この奥には、大なり小なり「人は苦言を呈する人を嫌がるものだ」という考え方(ビリーフ)があります。裏返すと、自分自身が人から苦言をもらう場面があると、外には出さなくても「あの人はどうも・・」という思いが湧くということになります。人はどうしても自分の物差しで物事を見るものだから、当然といえば当然のメカニズムです。

また、「あの人は私を嫌っている」というのは「投影」であるケースも多いものです。投影とは、本当は自分が相手を嫌いなのだけれど、それをはっきり自覚することを避けるために、自分の心を自分が抑圧した結果起こることです。

それやこれやも作用して「あの人に言えない私」があるわけで・・・人間とは複雑な生き物です。

社会全体で「個のアイデンティティ」が試される時代なのかもしれません。集団のアイデンティティから個のアイデンティティへ。農耕民族だったこの国の文化では、個のアイデンティティを手に入れることが難しかったわけですが、まさに今、「私は何を大切にして生きているのか」という問いかけを、ひとりひとりの心に向かって行いつつあるのでしょう。

アサーション・トレーニングは、「言えない私」から「言う私・言わない私への選択」へと見方を変える作業です。そして「言う責任・言わない責任は自分が持つ」ことを確認します。

ここでも結局、単なるスキルではなく、最終的なアイデンティティを問われることになり、自分が自分をどのように捉えているかが映し出されます。

「私は何を大切にして生きているのか」・・今更ながらに、こういう話もじっくりできる大人でありたいと思います。
コメント
from: hanahana0831   2007/08/23 4:16 PM
御無沙汰しております。
いつも忙しさに追い立てられて、(自分で忙しくしているのですが・・・)大切なものを見失いそうになる時、
グッドタイミングで素敵なプログを拝見させて頂けています。ありがとうございます。

自分の物差しで周囲を世界を測ってしまう。
まさにそうです。私自身の心を広げていければもっと
世界は広がりを持つのに・・・。

育児をしながらそう感じることの多いこと、多いこと!

私が私をどう映し出していくのか、ちょっぴり不安も
ありますげ、でもひとつずつ向き合っていきたいな。

まだまだ未熟、まだまだ小さくて、まだまだこれから
やること・気づくこと・感じること山盛りなワタシが
見えてきます・・・笑
from: man's resource   2007/11/27 12:04 AM
hanahana0831さん

コメントを頂いていたのに気づかず失礼いたしました。
このところブログ更新がままならず、随分間が空いてしまいました。
hanahana0831さんが今子育ての真っ最中で、それだけの振り返りをできているって、素晴らしいことですね。
色々なものさしには期待があり、それが叶わないと自分や相手に不満を持ったり、怒りが出たりするものですが、時々そのものさしをチェックする必要はありそうですよね。
そういうとき、ちょっと一言言ってくれる人がそばにいると、ありがたいですね。
hanahana0831さんには、そういう方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?財産ですよね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.mans-resource.com/trackback/574366